リフォームを考える

リンクカーマイン

リフォームで防音性を高める

リフォームは古くなった建物の修繕や部屋のレイアウトを変えたいといった場合に行う工事のことです。リフォームでも抜本的に工事を行うものから家の一部だけを行うという場合もありますが、このさいにリフォームを行うメリットとして強調されるのが建物の断熱性や防音性です。特に新しい建物では壁に断熱材を入れていますが、古い家の場合には断熱材がないためその分、断熱性に劣ります。また断熱材を入れることによって音が遮断される効果もあるため自然と防音性が高まります。

また窓ガラスも近年のガラスであればかなり厚いものが使われており、その点で防音性に優れます。また防音性を重視する場合には窓ガラスを専用のものや二重とすることで高めることができますし、部屋も壁や床に組み入れる断熱材を厚めにすることで高めることができます。一方でデメリットとしてはそれだけ気密性がよくなるため、空気が滞留しやすく換気設備などを組み込んでおく必要があります。

防音工事リフォームでご近所トラブルを防ぐ

マンションなどの集合住宅では、とにかく音に関することがトラブルになりがちです。普段の生活スタイルが違ったり、家族構成も異なる人が生活する以上ある程度の譲り合いは必要ですが、配慮を欠いたばかりに後々まで影響を与えるトラブルに発展してしまうというケースも残念ながら少なくありません。音に関してはかなり個人的な感覚の違いでそれが不快に感じるかどうかが変わってくるのですが、そうしたトラブルに発展させないためにも事前に防音リフォームなどをして対処しておくことがおすすめです。

賃貸住宅の場合は中々そうしたリフォームを自分で行うことはできませんが、可能な範囲で防音マットを床に敷き詰めるなどさまざまなリフォームの方法があります。小さな子供がいる人の場合は特に床材などに下階への音の響きを抑えるようなものを使うことで、防音効果が格段に高まります。トラブルはうまれてしまってから対処するのは中々たいへんです。できれば事前に対策をとっておきたいものです。